• せたがや災害ボランティアセンター

    〒154-0002
    東京都世田谷区下馬2-20-14

    社会福祉法人
    世田谷ボランティア協会 内

    TEL : 03-5712-5101
    FAX : 03-3410-3811

    《開館時間》
    火〜金 10:00~22:00
    土日  10:00〜20:00

    《休館日》
    月曜日、祝日、お盆休み、年末年始

【防災・災害イベント】防災・減災シンポジウム「熊本地震の 被災者支援から東京での備えを考える ~首都直下地震 に向けて、取り組むべきこと~」のご案内

防災・減災シンポジウム

「熊本地震の 被災者支援から東京での備えを考える

~首都直下地震 に向けて、取り組むべきこと~」のご案内

————————————————————————
防災・減災シンポジウム
◆熊本地震の被災者支援から東京での備えを考える◆
~首都直下地震に向けて、取り組むべきこと~

【開催日時】2017年1月14日(土)14:00~16:30(予定)
※開場13:30

【開催会場】東京国際フォーラムD1ホール
https://www.t-i-forum.co.jp/user/facilities/d1/

【開催目的】
○平成28年4月に発生した熊本地震では様々な団体が支援活動を行った。東京都災害ボランティアセンターアクションプラン推進会議に関係する団体の多くも現場での支援、後方支援などを行った。
○その中で、それぞれの団体が被災地内外でどのような支援を行ったのか、そこでの課題は何であったのかを振返り、参加者と共有を行う。
○また、熊本地震での支援活動を踏まえ、今後、東京での大災害に備え、これからどのような取組みが必要か多様な団体とともに考える場とする。

【プログラム】(予定)━━━━━━━━━━━━━━・・・・・
▼オープニング(14:00-14:10)

▼基調講演(14:10-15:10)
「熊本地震の避難所における被災者の状況並びに支援の実際」

熊本地震で多くの避難者を受け入れた益城町総合体育館の避難所における被災者の状況や避難所運営の実際について伺います。
講師:秋寄光輝 氏(熊本YMCA)

▼パネルディスカッション(15:10-16:20)
「熊本地震の被災者支援から東京の備えを考える」
熊本地震において民間団体がどのような支援を行ったのか振返り、今後の東京での取組みを考えます。

【登壇者】(順不同)
ピースボート災害ボランティアセンター
文京ボランティア・市民活動センター
日本生活協同組合連合会
日本YMCA同盟

▼クロージング(16:20-16:30)
熊本地震シンポジウムチラシ
──────────────────────────────────

▼参加方法
1/12(木)までに下記の方法で参加の申込みをお済ませください。
※おひとりずつお申し込みください。

【ウェブフォームでお申し込み】
https://www.tvac.or.jp/forms/applyform.cgi?id=772

【メールでのお申込み】
メールアドレス:saigai@tvac.or.jp
件名を「熊本地震シンポジウム参加申込み」とし、以下の項目を本文に書き添えてください。
1)ご所属(団体名)
2)おなまえ
3)お電話番号

───────────────────────────────────
【主催】
・東京都災害ボランティアセンター アクションプラン推進会議
(国際協力NGOセンター/ジャパン・プラットフォーム/東京都生活協同組合連合会/ 日本青年会議所関東地区東京ブロック協議会/東京災害ボランティアネットワーク/東社協区市町村社会福祉協議会部会/東京ボランティア・市民活動センター)
【共催】
・東京災害ボランティアネットワーク/東京ボランティア・市民活動センター

※本シンポジウムは、TVAC主催の「災害ボランティアコーディネーター養成講座」も兼ねて実施します。

───────────────────────────────────
【お問合せ先】
東京都災害ボランティアセンター アクションプラン推進会議 事務局
東京ボランティア・市民活動センター(TVAC) 加納・高橋・若林
Tel. 03-3235-1171 メール: saigai@tvac.or.jp
───────────────────────────────────

▲ページの先頭へもどる